起業からBCP策定、契約の支援により事業継続・拡大までしっかりサポートします。

IT契約書作成

契約書作成IT/インターネット関連の契約書は、知的財産(特許、著作権、商標など)を扱うことが多いため、一般の物品の売買契約書や不動産の賃貸契約書とは少し違った内容を盛り込む必要があります。

IT業界で営業/マーケティング職として実際に数多くの契約に携わってきた行政書士が、具体的なビジネスの内容を踏まえて、さらに法律家としての視点から最適な契約書の作成、内容チェック及び締結までのアドバイスによりご支援します。

契約書を通じてあなたのビジネスの実現をお手伝いします。
契約交渉の同席も可能です!

 

その契約、大丈夫ですか?

提示された契約書をよく読んで理解しておかないと、事前の話し合いでは出てこなかった内容や不利な条件が記載されていることに気がつかず、後になって困ることになります。

また、契約書を作成する場合には、一方的な内容になっていたり、関連する法律の規定に反する内容を提示してしまったりすると、会社としての信頼を低下させてしまい、ひいてはせっかくのビジネスのチャンスを失うことにもなりかねません。

契約書を作成する側、確認する側、いづれにおいても最低限次の点には留意して下さい。

■ 契約の目的は合意した内容か?
■ 契約の対象物/範囲/期間は明確になっているか?
■ 成果物の権利は誰に帰属するか?
■ 双方の権利と義務の内容は?
(独占禁止法、不正競争防止法、下請法等に反する内容ではないか?)
■ 問題が発生した場合の対処方法は?

IT関連の契約には知的財産に関する知識も必須です。
是非私ども専門家にご相談下さい。

 

契約書例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 行政書士東京きしがみ事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.