起業からBCP策定、契約の支援により事業継続・拡大までしっかりサポートします。

防災計画策定支援

防災計画ご存知ですか?
東京都内のすべての事業所は、東京都震災対策条例に基づき「事業所防災計画」を定める必要があります。

■東京都震災対策条例第10条(事業所防災計画の作成)

事業者は、その事業活動に関して震災を防止するため、都及び区市町村が作成する地域防災計画を基準として、事業所単位の防災計画(以下「事業所防災計画」という。)を作成しなければならない。

■事業所防災計画には以下の内容を策定する必要があります。

・震災に備えての事前計画
・震災時の活動計画
・施設再開までの復旧計画

BCP策定の専門家が、上記を踏まえ、あなたの会社の事情に合わせた防災計画を策定します。

 

防災計画とBCP(事業継続計画)の違い

防災計画とBCPはどちらかがあれば十分というわけではありません。両者の目的の違いによってカバーする範囲が異なるものです。

項目防災計画BCP(事業継続計画)
目的・生命、資産保全
(ある災害を想定し対策を講じる)
・左記に加えて、
・個別に災害を想定するのではなく、企業活動を阻害する現象に対応する仕組みを作る
・企業の価値の継続を最大限図る
アプローチ・初動対応、拠点毎の早期復旧に重点 ・全体をプロセスとして実施(BCMS)
具体的
対策
・耐震、耐火、耐水措置
(消火設備導入、転倒防止等)
・避難、救助、二次災害防止等
・建物、設備の復旧等
・感染防止(マスク配布、自宅待機等)
・左記に加えて、
・無形財も含め、災害時に顧客への製品、サービスの提供が滞らないよう対策
・広報、人事、経理とも連携して、代替策も含めた総合的な対策を立案
範囲・本社、工場など各拠点の範囲で企業の視点からの最適化 ・サプライチェーン全体で顧客の視点から最適化
コスト・対策の規模や量で配分されやすい
・各対策の積上げで算出される
・対策の重要性(効果)で配分しやすい
・コスト対効果を算定しやすい
効果・安全性、人道上の評価が大きい ・ビジネス上でも大きな評価

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-6811-2539 電話 9:00 - 18:00 /メールは24時間365日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 行政書士東京きしがみ事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.